ブログ

2016.12.15

ソーヤのケージ就寝

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

いま長期宿泊で卒業生のソーヤが遊びにきています。

 

初日から久々のミト屋を満喫しながら過ごしています。

 

仲良しの寅と。右側がソーヤ。似てるでしょ(笑)

image1-1

さてそのソーヤ、飼い主さんのリクエストにより毎晩ケージで就寝させています。

 

滞在が長いことから、できるだけ家でのルールにそって過ごさせたいというご意向です。

 

習慣というのはすごいもので、夜になるとソーヤはケージに入りたそうにします。

ケージは持ち込みのものでなく、ミト屋にあるものです。

 

ドアを開けてやるとサッと入り気持ちよさそうにクッションの上で寝転んで寝始めます。

image2

それから静かにぐっすり眠り、翌朝ドアを開けてやるとそれはそれは嬉しそうにみんな

に挨拶してからトイレシートで一晩分のおしっこをします。

 

実に規則正しく規律的で良い感じ。

 

 

ぼくはこれまでケージで寝かせるのが良いのか、自由にさせておくのが良いのかに

ついてあまり深く考えたことがなく、というかどっちでも良いと思っています。

image1

が、今回ソーヤを預かってみて、ケージ就寝の良さを改めて知った感じがします。

 

ソーヤをケージに入れた瞬間、ほっとするというか、安心するというか、ソーヤの

ことを心配する必要がなくなる感覚があります。

 

ケージという囲まれた安全な空間にいてくれることで、こちら側が心配する要素が

一気に減るというか。

 

もちろん、夜中に地震が起きたら犬たちの上に家具が倒れこんで危険だぞ、などと

いう具体的な心配を毎晩しながら寝ているわけではありません。

 

が、無意識的に心配しているのかもしれませんね。

とにかくソーヤを入れた瞬間なんともいえない安心感が湧くのです。

 

ソーヤを見る限り、犬的にも落ち着いて快適に休めているようです。

 

 

 

ケージ就寝、うちも考えてみてもいいかもな〜

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!