ブログ

2017.12.04

定宿

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

犬を飼う時、絶対に心がけてほしいことは、定宿(預け先)を作っておくこと。

 

これホントに大事なことです。

 

犬が、自宅とほぼ同等の心理状態で過ごせる預け先を作っておく。

 

ミト屋をそのように使ってくれている飼い主さんはたくさんいらっしゃいますが、ヘンな話、同じ飼い主として心の底から羨ましいです。

 

ミト、銀にそういう場所を作っておかなかったことをすごく後悔しています。

 

定宿を作るにはやはり幼犬期がポイント。

 

幼犬期のうちに将来の定宿候補に何度か犬を預けましょう。

 

好奇心旺盛でありながら警戒心が少ない幼犬期。

 

様々なことをポジティブに受け取ることができるので預け先を好きになるのも比較的容易なわけです。

 

もちろん、長時間ゲージに入るような預かり形式だとちょっと厳しいので、そのへんもチェックした上で定宿を選択しましょう。

 

ところで、幼犬期に大事なのは社会化だとミト屋では何度も言っています。

 

幼犬期に様々な経験を積むことで将来安定した気質になります。

 

幼犬期にはぜひ犬の保育園に通わせてください。

 

ミト屋がそうだからいうわけではありませんが(いや、、ありますが)とホテルを兼ねている保育園を選んで通園させるのは非常にオススメです。

 

社会化も出来るし、将来的にはそこを定宿にも使えるわけです。なんて効率的!!

 

定宿を持たない飼い主の場合、というより今はまだそのような飼い主さんの方が多いと思いますが、旅行などで犬をどこかに預ける時には胸が痛むもの。

 

ミト屋を定宿にしている飼い主さんの幾人かは、その感覚が全く無いのです。

 

むしろ喜んでいるのでは無いか、、と思わせる犬も数頭います。

 

こんな羨ましいことはありません。

 

犬を飼うと人の生活は変わります。

 

散歩などで出かける回数が増え、よりアクティブで健康的な生活になるでしょう。

 

一方、犬を預けなければならないような旅行の回数が減り、映画を観に行ったり、外飲みの回数も減るかもしれません。

 

 

ある程度は仕方ないとしても、犬を飼うことで生活が抑制的になってほしく無いです。

 

人も犬もストレスフリーであってこそ、楽しい共同生活が送れると思うのです。

 

犬を迎えた方、迎える方、定宿について真剣に検討されることを心からお勧めします。

 

ミト屋中村。

ミト屋の日常はfacebookでチェック!