ブログ

2017.12.08

犬は犬と触れ合いたいもの?

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

先日動物病院に行ったときのこと。

 

ミトを膝の上に乗せてベンチに座り順番を待っていたら、診察を終えた小型犬が飼い主さんに抱かれて診察室から出てきた。

 

診察室からレジに行く途中に自分とミトが座っているのだけど、その飼い主さんはそこを通る時に、抱いた犬の顔をミトの顔にヌッと近づけ、鼻と鼻を合わせるようにした。

 

顔と顔を付き合わされたその小型犬とミトは最初こそ少し匂いを嗅ぎあったものの、逃れようのないその状況に、顔をそむけるようにして困っている。

 

けっこう長い時間そのままの状態で、これは意見しないとだめかな、ってところで終わった。

 

最近はあまり見なくなったけど、このパターン時々ありますよね?

 

犬同士は触れ合いたいもの、という固定概念。

 

そもそも犬はそんなに触れ合いを望んでいないけど、

それに加えて、行動の自由を奪われた状態で犬同士を近づけるのは危険。

 

自由な状態であれば、回避という選択があるけども、抱っこの状態で犬がその状況を打開しようと思った時、その選択肢は唸るか咬むくらいしかない。

 

この「犬同士は触れ合いたいもの」という固定概念は、飼い主さんの間に広く根付いているようです。

 

散歩でも、触れ合わせる姿をよく見ます。微笑ましくはありますけどね(笑)

 

自分が子供になったとする。そして親に手を引かれて散歩に出るとする。

 

街には他の子供も歩いていて、親は、子供とすれ違うたびに自分を引きあわせる。

 

まれに相性の良いやつもいるが、10人中1人くらいか?

 

それでも親は会う子供会う子供、全て自分に引き合わせる。

 

結構面倒ですよね(笑)

 

散歩での触れ合いはさておくとして、せめて”抱っこしてヌッ”は勘弁してあげてほしいと思います(笑)

 

犬が犬と楽しく触れ合うのに適した場所は、行動の選択肢に富んだ場所。

 

広くて、オフリードで、、そんな場所が良いですね。

 

そんな場所がたくさん増えれば良いですねー。

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はcfacebookでチェック!