ブログ

2017.12.19

「マテ」について

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

ほとんどすべての飼い主さんが使っていると思われる「マテ」コマンド。

 

道路に出る前など、”犬の動きを止める”目的で使われるのが主だと思います。

 

さて、この「マテ」コマンド、ご飯の時にトレーニングされるのが普通だと思います。

 

犬の目の前にご飯を置いて「マテ」で待たせてから「ヨシ」で食べさせる。

 

導入としてはそれで良いと思います。

 

が、この時点の犬の理解は”ご飯があるけど我慢せずに待つ”であって、動きを止めるべしとは考えていないでしょう。

 

このレベルで、本来の目的である”犬の動きを止めたい”場面でむやみに使ってしまうと、成功は見込めないばかりか、失敗を繰り返すことによってどんどん”マテ”の効力が薄まり、効かないコマンドになっていきます。

 

ということで、本来は、

 

目の前にご飯を置いて出来るようになったら、ご飯を置かずに出来るように、それができるようになったら歩いている途中に、、といった具合にステップアップしていき、犬の理解を「ご飯を食べずに待つ」から「体を止めてじっとする」という理解に変えていく必要があるわけです。

 

さらに、多くの人がうっかり失念していることがもうひとつ。

 

「ヨシ」をセットで使わないこと。

 

ご飯を待たせている時には必ず「ヨシ」を使うのに、道路の飛び出しを止めるときは「マテ」で止めておきながら「ヨシ」を使わずそのまま動き出してしまう。

 

非言語動物である犬に言葉で指示するわけですから、シンプルであること、一貫性を持たせることは大事です。

 

マテコマンドを使う時には、どんな場面においてもヨシとセットで使いましょう。

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!