ブログ

2018.03.20

犬が苦手でなにが問題??

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

犬なのに犬と仲良くできなくて不憫・・・

 

カウンセリングしているとよくそんな話を聞きます。

 

そして、ミト屋の生徒犬の多くはそんな悩みで通園を始めます。

 

でも

 

僕は思うのです。

 

別にそれでいいじゃないか、と。

 

それのどこが問題なのか、と。

 

せっかく縁があって愛犬と暮らしているのですから、飼い主も犬も楽しく暮らすべきです。

 

そして犬のほとんどが、いや全てと言って良いと思うのですが、飼い主と行動すること、飼い主と遊ぶことを楽しみとしています。

 

もう一度冒頭の言葉に戻ります。

 

犬なんだから犬と仲良くすべき・・・なんか変じゃありません?

 

まず、犬は自分が犬であるか、人であるか、猫であるか、なんて考えていないでしょう。

 

人、犬、猫なんてものは人間が人間のために作った分類であり、犬には関係ありません。

 

犬は鏡を使いませんから、自分の姿かたちを知らないし、気にもしてません。

 

つまり、自分と相手という概念しかなく、その相手が人であろうが犬であろうが関係なく、好きか嫌いか、得意か苦手かというだけです。

 

犬が犬と付き合うことを得意とするか否かは、その育ち方も大いに関係しますが、持って生まれた気質や犬種にも大きく左右されます。

 

年齢にも大きく関係があり、若いうちは他の犬と戯れることを好みますが、大人になるにつれて徐々に淡白になっていきます。

 

僕は自分の犬と遊ぶとき、犬が多いところにあまり行くことはありません。

 

自分の犬が、他の犬と遊ぶことをさほどには好んでいないと思っているからです。

 

もちろん、日常的に他の犬に囲まれた生活だから、ということもあります。

 

いずれにしろ、僕は自分の犬が他の犬と遊ばないからといってそれをネガティブに考えることはありません。

 

その分、僕と遊んで楽しんでくれれば良いのです。

 

で、また冒頭部分に戻り、ではなぜ犬と仲良くできないという理由で通園を受け入れているのか。

 

ほとんどの犬は常に飼い主とともに行動することを望んでいます。

 

散歩であったり、買い物であったり、旅行であったり、アウトドアであったり。

 

どこに行っても犬はいます。

 

たまに吠えるくらいならなんてことありませんが、犬と出会うたびに吠えてしまっては、ともに行動することが難しくなります。

 

なので、支障なく飼い主とともに行動できるレベルには持っていきたいな、ということはあり、通園してもらっているわけです。

 

そこまでいけば十分です。

 

特別に仲良くできないからといって、それはなんの問題でも無いのです。

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!