ブログ

2018.02.01

カウンセリング「吠えて吠えて困っている」

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

最近なぜかカウンセリングが多く、新入生も多く、ミト屋の正月休みは遠のくばかりというかほぼ消滅か、という状況。

 

そんなわけで今日も一件ありました。

 

散歩ですれ違う犬などに攻撃的に吠えて困っているというお話。

 

以前、トレーニングスクールに通ったりもしたけどもどうにも良くならないのだそう。

 

カウンセリングには銀も同席させようと思ったけど、入る前からかなり激しく銀に吠えかかるので、銀も奥のスペースに入れて。

 

銀は銀でやかましく吠えてるのでお互い様だけど。

 

飼い主さん的にはどうやら通園がご希望の様子・・・

 

年齢的に通園しても効果が約束できないことと、犬好きにしないまでもうまく散歩できれば良いではないか、とその方法を説明したり・・・

 

まあそれでもせっかくお越しいただいたのだからと、様子を見るためにミト銀と一緒にさせてみて・・・

 

ミトも銀も犬を見る目がかなり肥えているのでふたりともかなり及び腰で・・・

 

時々ガガーッと吠えかかるのを間髪入れず強く叱ってみたり・・・

 

銀も銀でその犬を叱ってみたり・・・

 

みたいな感じでやってるうちにずいぶん落ち着いてきて・・・

 

ぼちぼち良いかなとヒメ、ラム、だんきちとも一緒にして・・・

 

ヒメ、ラム、だんきちは犬にしっかり社会化できているので全くややこしいこともなく、ごく自然にみんなで一緒にいる感じになり・・・

 

飼い主さん的には夢のような光景だとのことのことで・・・

 

こんなパターンはミト屋には結構あって、自慢するわけでもなんでもなく、たまたま建物の構造が良いのか、ミトが良いのか、銀が良いのかよくわかりませんが・・・

 

結局、通園させてみましょーか、ということになりましたー!

 

さっきも書いたけど、年齢的だとか、幼少期の経歴だとかでなかなか簡単には行かなさそうだけど、なんか期待させる新入生です。

 

来週火曜が楽しみだ。

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!

 

 

 

 

2018.01.31

食べ渋り対応に良いアイデア!!

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

先日ドライフードの食べ渋りについてお客さんと話してた時にふと思いついたこと。

 

コーヒーミルを使ってみる。

 

???と思いますか?

 

食べ渋りの犬と暮らしていると、まああれやこれや色々試すことになるのですが、意外と知られていない対応としてドライフードを割って与える、というのがあります。

 

知ってるよそんなの、小さい粒のほうが食べるってことでしょ。

 

と思ったあなた、、いやいやそんな単純なことではありません。

 

ドライフードは様々な形、大きさに成形されているものですが、ハサミやペンチで割ってやると、新しい面が露出して匂いが立つのです。

 

それが食欲を刺激し、食べてくれる(くれやすい)のです。

 

トッピングで食べさせている方も多いと思いますが、その場合でも割ってやったほうがより良いです。

 

ただ、この割るという作業がけっこう大変。

 

ヒトツブヒトツブ・・・チマチマチマチマ・・・。

 

割ってもしばらくすると匂いが抜けますから、食べさせる直前に割る必要があります。

 

つまりまとめて作業することもできず一食分ずつ。

 

そこで登場するのがコーヒーミル。

 

電動の安いものを買って専用にしてしまえば良いのではないかと。

 

実はまだ自分でやったことはないのですが、上手くいくんじゃないかと思ってます。

 

うちのようなドッグホテル業では食べ渋り対策はひじょーーーーーに重要な仕事。

 

今まで何百頭という犬を預かってきましたが、本当に食べさせられなかった犬はゼロ。

 

トレーニングよりそっちのほうが得意だったりして・・(笑)

 

他にもいろんなアイデア持っているので、躾だけでなく、そんな相談も大歓迎でーす!

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!

 

 

2018.01.30

犬用リュック

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

どうですかこれ。

IMG_4363

ずいぶんとすましてますねー。

 

今年からメニューに軽登山を取り入れていく関係で銀用のリュックを購入しました。

 

この商品はRUFFWEAR社製。

 

日本ではモンベルさんが同社製品を幅広く扱っていますね。

 

犬連れトレッキングでは山頂で飲むコーヒーやスープ用の水、犬用の飲み水、お湯沸かし用のストーブ、、なんやかんやで結構荷物が重くなります。

 

このリュックで銀にも荷物運びを手伝ってもらうわけです。

 

この商品は同社の既存のハーネス製品に荷物袋を縫い付けて再製品化しているようです(間違っていたらスミマセン)。

 

ハーネスのようにリードが直接装着でき、十分な調整幅があり、しっかりしたホールド感が出せます。

 

最近は近所を散歩するときにも銀にこれを取り付けています。

 

本番を迎えるまでに装着感に慣れていてほしいからです。

 

そしてさらに重要なのがこの横幅に慣れてくれること。

 

このリュックは大容量なので、フルに荷物を入れるとかなり横幅が出ます。

 

犬は自分の体の幅感覚を正確に把握して、それに沿って行動していますから、最初は壁という壁に擦りながら歩く感じになります。

 

最近ようやくマシになってきたかな。

 

登山道はかなり幅が狭いところもありますから、リュックが木や岩にひっかかってバランスを崩して転落・・・とかも十分考えられます。

 

また、しっかりホールドできる製品でないと、片方の荷物袋だけが垂れ下がり、バランスを崩して・・・ってこともあるでしょう。

 

リュックを購入を検討されている方、以下のポイントに留意してくださいね!

 

しっかりした製品を選ぶこと。

 

本番前に十分装着して慣れさせておくこと。

 

本番ではできるだけ左右均等の重さを保つこと。

 

プチプチを詰めて、荷物袋を膨らませた状態で幅に慣れさせるとなお良しですね!

 

慣れたら実際に重さがあるものも入れて歩かせてみましょう!

 

今日はリュックのお話でした。

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!

 

1 / 6412345...102030...最後 »