ブログ

2018.01.30

犬用リュック

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

どうですかこれ。

IMG_4363

ずいぶんとすましてますねー。

 

今年からメニューに軽登山を取り入れていく関係で銀用のリュックを購入しました。

 

この商品はRUFFWEAR社製。

 

日本ではモンベルさんが同社製品を幅広く扱っていますね。

 

犬連れトレッキングでは山頂で飲むコーヒーやスープ用の水、犬用の飲み水、お湯沸かし用のストーブ、、なんやかんやで結構荷物が重くなります。

 

このリュックで銀にも荷物運びを手伝ってもらうわけです。

 

この商品は同社の既存のハーネス製品に荷物袋を縫い付けて再製品化しているようです(間違っていたらスミマセン)。

 

ハーネスのようにリードが直接装着でき、十分な調整幅があり、しっかりしたホールド感が出せます。

 

最近は近所を散歩するときにも銀にこれを取り付けています。

 

本番を迎えるまでに装着感に慣れていてほしいからです。

 

そしてさらに重要なのがこの横幅に慣れてくれること。

 

このリュックは大容量なので、フルに荷物を入れるとかなり横幅が出ます。

 

犬は自分の体の幅感覚を正確に把握して、それに沿って行動していますから、最初は壁という壁に擦りながら歩く感じになります。

 

最近ようやくマシになってきたかな。

 

登山道はかなり幅が狭いところもありますから、リュックが木や岩にひっかかってバランスを崩して転落・・・とかも十分考えられます。

 

また、しっかりホールドできる製品でないと、片方の荷物袋だけが垂れ下がり、バランスを崩して・・・ってこともあるでしょう。

 

リュックを購入を検討されている方、以下のポイントに留意してくださいね!

 

しっかりした製品を選ぶこと。

 

本番前に十分装着して慣れさせておくこと。

 

本番ではできるだけ左右均等の重さを保つこと。

 

プチプチを詰めて、荷物袋を膨らませた状態で幅に慣れさせるとなお良しですね!

 

慣れたら実際に重さがあるものも入れて歩かせてみましょう!

 

今日はリュックのお話でした。

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!

 

2017.11.27

ミト屋キャンプ場⁈

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

以前ブログに書いた通り、ミト屋のお客さん達と西伊豆にキャンプに出かけてきました。

 

犬達はみんなイキイキしていて、改めて犬と自然の相性の良さを感じました。

 

性格にもよりますが、キャンプと犬の親和性はすごく高いと思います。

 

ぜひ犬連れキャンプにチャレンジしてみてください。

 

自然の中で過ごすことで、より関係性が深まると思います。

 

できれば子犬のうちに始めたいですね。

 

そんな体験、暮らし方こそ、重要なドッグトレーニングという気もします。

 

ところで、自然の中では犬達をできるだけ自由に過ごさせたいものです。

 

最近はドッグランがそのままプライベートなテントサイトになっているようなキャンプ場も出てきてますねー。

 

自然を目の前にして自由になれないってのは、かえって可哀想な気もしますから、そんな視点でキャンプ場を選ぶのも大事かと思います。

 

来春からキャンプ場での活動をミト屋のメニューに組み込みたいたいなあ・・・・

 

っていうか、ミト屋でキャンプ場持ちたいなあ・・・・

 

夢はひろがるばかりです。

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!