ブログ

2016.02.25

トリーツポーチ

こんばんは、ミト屋中村です。

 

お客さんのFB投稿に便乗してトリーツポーチのこと。

 

トリーツ=おやつ。

 

トリーツポーチはおやつを入れて腰に提げるポーチです。 

 

ドッグトレーナーがよく腰からさげているアレです。

 

で、このトリーツポーチ。

 

今更ですが、、、全ての飼い主さんに”必須”とさせて頂きます!!

 

というのも、人間の意思を犬に伝えるために必要だからです。

 

本能からなる犬そのものの行動と、人間が人間社会に生きる犬に求める行動は違います。

 

ということは人間が、望ましい行動とそうでないものを犬に伝える必要があります。

 

望ましい行動である時のシグナルがおやつです。

 

犬は言葉が話せませんから分かりやすくしてあげなきゃいけないんです。

 

正しければおやつ。正しくなければおやつなし。・・・・わかりやすい。

 

わかりやすくしてあげれば犬はすんなり理解します。

 

そして、しっかり理解したことはその後も守り続けます。

 

わかりやすいかどうかにおいて重要なのはタイミング。

 

その行動のあと、間髪入れずにおやつを与える必要があります。

 

なので、サッと取り出せるトリーツポーチが必要なんです。

 

おやつあげるとおやつのためにしか行動しなくなる、、、なんて話はよく聞きますが、そんなセコい議論はやめましょう。。

 

おやつ無くても犬は動いてくれます。ただ、おやつがある事で犬にはウンとわかりやすいんです。

 

とにかく皆さん、トリーツポーチ持ちましょう!

 

愛犬との関係が変わりますよ。

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はFacebookでチェック!

 

 

2015.10.18

シルバーウィーク珍道中 その8

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

さて夜が明けました!

 

ついに車中泊とはこれでおさらばです!

 

8時の開園まで時間があるので、付近を散歩します。

 

woofから一旦外に出て周囲をウロウロします。

 

脇になにやら建設中の建物。

 

コテージごとに専用のドッグランがついています。

 

むむむ、、、これは今話題のclass the wolfに違いない。

IMG_7463

もっと高級な感じの外観を想像していましたが、これはこれでかっこいいですね。

 

朝早くから急ピッチで作業している様子でした。

 

車に戻り全員が朝食を済ませた頃、8時の開園時間です。

 

まだどのランにも犬が少ないですね〜。

 

まずは林ランにでも行きますかね〜。

 

林ランに続く道。この道の左右も大きなランです。

IMG_7407

 

林ランで記念写真をパチリ。なかなかいい感じです。

IMG_7408

奥の林も含めてランになっていて、夏には重宝されますね〜

20日のレトリーバークリニックはこの林の中でやったんですよー。

 

クリニック中にやられていた事と同じ事を銀にやらせたくてうずうずして

いたので、ダミーの代りに小型PULLERを購入しました。

IMG_7427

 

結果、なんかイマイチでした。疲れてたのかな〜。

 

ダメな時はしつこくやっても逆効果なので、犬が居るランに移って遊びます。

 

お〜!グレートピレニーズがいますよ!

IMG_7419

 

銀は思いっきり腰が引けてますね〜笑

IMG_7425

ミトはまったく動じません笑

IMG_7422

 

銀はピレニーズに近づかれるとワンワン吠えて遠ざけようとします。

 

こういう時は呼び戻しで銀の方を遠ざけてやります。。

 

PULLERを使えば100発100中。

 IMG_7420

オモチャを使って呼び戻し、ビレニーズとの距離を適切に保ちます。

また、オモチャを使う事で銀の心もほぐれてきます。

 

良い姿です。

IMG_7421

 

この後はずいぶんリラックスして遊んでいました。

IMG_7424

 

 

この旅行で銀の為に経験を、と思っていましたが、人の方こそ色々勉強になりますね。

 

犬は犬で経験を積み、飼主は飼主で適切なコントロールの仕方を覚える。

 

相乗効果で良い感じです。

 

ひとしきり遊んでちょっと休憩。

IMG_7428

 

このときです。ある強烈な感覚が襲ってきました。

 

あ〜、いま自分は休んで遊んでいるのだ〜〜!!という感覚。

 

車内泊でウロウロ放浪している時には全く無かった感覚。

 

旅行における宿ってやっぱり大切だなあ〜と思いました。

 

引き続きランで遊びましたが、予約時に一部屋しか空いていなかった

わりには、犬は少なめだったかな。 

 

IMG_7434

 

 

そうこうしているうちに時刻は15時を回り、ついにチェックイン可能時間!

 

やっと人並みの生活に戻れる瞬間です。

 

初エレベーターの銀。ちょっと緊張してますかね。

IMG_7444

 

そして部屋へ到着!めちゃくちゃ豪華というわけではありませんが、

広々として気持ちいいです!

 

IMG_7450

 

ベッドが気持ちいい〜♪

IMG_7455

 

床も気持ちいい〜♪ので、得意の“撃たれたシカ”ポーズ!

IMG_7467

 

少し昼寝したり、さらにドッグランで遊んだりしているうちに

夕食の時間です。

 

犬達も疲れているだろうし夕食は自分だけで行こうかな、とも思いましたが、

なんか面白そうなのでやっぱり連れて行きました。

 

料理はコース形式で開始時間が決められています。

 

時間になると犬達が続々とレストランを目指します。

なんかわくわくしてきました。

IMG_7470

 

つづく

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!

 

2015.09.24

ドッグランを楽しむために最も重要なこと

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

今週はシルバーウィーク。

ミト屋も久しぶりの長期休暇を頂き、5日間の旅行に行ってきました。

 

山中湖からはじまり、伊豆半島にわたって半島をぐるりと回り、また山中湖へ戻る

というコースでドッグラン巡り。

 

のべ7、8カ所行ったでしょうか。

1カ所につき、短くとも4時間は滞在しましたが、気候も天気もよく、とてもたく

さんの犬に出会う事が出来ました。

IMG_7421

さて、ドッグランでよく見る光景。

 

しつこく吠えついたり、追い回したりする犬。

「やめなさいっ!もう、すみませんしつこくて。やめなさーっい!」などと、怒ったり、

謝ったり忙しい飼主さん。

 

今回も見かけたな〜、、無数に、、、

 

こういう時、ダメとかヤメナサイとか言っても殆ど意味はなく、実際それで止まった

例はゼロでした。

 

ではどうするか。

 

吠えたり追い回したりというのはかなり本能的な行動なので、ただ止めさせる

というのはほぼ不可能です。

 

こういう時は別の行動をさせて、今の問題行動を消してしまうしかありません。

 

かといって、オスワリやフセでは、その問題行動のターゲットから近いままな

ので、またすぐに問題行動が始まってしまいます。

 

一番良いのは「呼び戻し」。

 

ターゲットから飼主さんが遠ざかりながら犬を呼び寄せる。

それでおさまります。

 

それが出来ればはじめから苦労しないよ!と叱られそうですが、ドッグランを

満喫したいならやるしかありません。

 

呼び戻しは声だけでするものではありません。

 

よく、オヤツが入ったカンをシャカシャカふって犬を呼び寄せる飼主さんが

いますが、あれも立派な呼び戻し。

呼び戻したい時に確実に呼び戻せればそれでOKです。

 

一番理想的なのはオモチャ。

とっておきのオモチャを作っておくとすごく便利です。

 

オヤツのように減ることも無いし、大きいオモチャであれば遠くからでも

よく見えるので、オヤツよりアピール効果があります。

 

うちの銀も他の犬に吠えついたりする事がありますが、呼び戻しが効くので

なんの心配も無くドッグランに入る事が出来ます。

 

PULLERというオモチャに出会ってからは、ますます快調!

 

銀はPULLERで僕と引っ張りっこをするのが何より好きなので、これを

かざしつつ呼んでやれば100発100中です。

 

このようにとっておきのオモチャを見つけてしまえば非常に便利ですが、

押さえておくべきポイントはあります。

 

まず、人と遊べるオモチャである事。

犬に与えっぱなしのオモチャは、すぐに飽きてしまうものです。

一方、人と一緒に遊ぶオモチャ(というかオモチャを使った遊び)はなかなか

飽きないようです。

犬は、人と一緒に作業をするのが本能的に好きなのでしょう。

 

次に、新鮮な状態をキープする事。

犬が喜ぶからといってしょっちゅうそのオモチャで遊んでいては、

とっておき度は下がってしまいます。

銀のPULLERは週一くらいでしょうか。未だに輝きが褪せません。

 

呼び戻しは最も大事なトレーニングと言われます。

 

皆さんもチャレンジされてみては如何でしょう?

ドッグランだけに限らず、生活自体が非常に快適になりますよ!

 

しかし、、、旅行というのはなぜこうも楽しいかなあ〜

明日からまた旅にでてやろうかいな・・・・

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!