ブログ

2018.07.21

放送日時は7月25日水曜日19時!!

 

こんにちは、ミト屋中村です。

 

7月12〜13日、テレビ番組に参加してきました。

 

TBSの『トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!』という番組。

 

あるタレントさんの犬連れキャンプデビューの様子を紹介するコーナーです。

 

途中、豪雨で撮影自体が危ぶまれるような状況でしたが、終わってみれば楽しい撮影でした。

 

放送日時は7月25日水曜日19時。お時間ある方は観てやってくださいね!

 

しかし、テレビ制作現場の高揚感というか、良い意味で浮き足立ったあの雰囲気。

 

あれは毎日楽しいだろうなあ。

 

若い時にやってみてもよかったなあ、、意外に性に合ってたかも。

 

大いに刺激をうけた2日間でした。

 

ミト屋中村

 

ミト屋の日常はfacebookでチェック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.12.25

Dogtrekking in Tanzawa

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

先日犬連れ登山に行ってきました。

 

丹沢にある鍋割山。

 

ミト屋初の山登りイベントであったわけですが、年末であり、1270メートルもある山であり、ということで参加者はごく少数。

 

中止にしようかとも思ったけど、今後の参考ということで行ってきました。

 

行ってみてわかったのですが、鍋割山は標高200メートルまでは非常になだらかで歩きやすく、この感じだったらどこまでも歩けるぞと思わせます。

 

ところが、200メートルを超えるところで一気に急峻になり、頂上までハードな傾斜が続きます。

 

9時くらいから登り始め、犬たちと遊びながらのんびり登っていたら、700メートル地点で12時30分に。

 

急いでも登頂は13時30分ごろになります。

 

悪いことにこの日は冬至で16時30分頃に日没を迎えます。

 

しかも、登頂したからには名物の鍋焼きうどんを食べたくなるのですが、そんなことしていたら帰路は真っ暗闇になると思われ、700メートル地点で引き返しました。

 

15時ごろに麓に降りてきて、みんなでご飯を食べて解散しました。

 

犬たちは自然の中で終始楽しそうにしていましたが、体重2.2キロトイプードルのノアが平気で歩き切ったのはちょっとした驚きでした。

 

体重が軽く上下運動に優れるトイプーは、なかなかの登山犬かもしれません。

 

ところで、犬連れ山歩きは無数に経験してきた僕ですが、本格的な登山は今回が初めて。

 

今後継続するにあたって、いろいろ発見があった今回のイベントでした。

 

犬たちと楽しく歩き切るには7、800メートルの山が良さそう、あまり急峻ではなく、なだらかな傾斜の山、そんな山選びを・・・いやいや待てよ、登頂にこだわるのがそもそもヘンで高い山の麓付近がむしろ適しているかも。

登山は全身運動、簡単に汗だくになる(僕が特に汗っかきなこともある・・)、止まれば汗が冷えて一気に寒くなる。面倒なく脱いだり着たりできる服装がいい。

沢がある山は、背負う水の量が減らせてありがたい。

犬用リュックで犬にも少し荷物を持ってもらうと助かる。

 

などなど。

 

そんなことで、

 

冬でもできるスポーツ「dog trek」今後も開催していきます。

 

当日の様子をダイジェストにしました

 

面白そう!と思った方は次回以降ぜひご参加ください。

 

個人的には、まず鍋割山&鍋焼きうどんにリベンジしてやらないとだな。

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!

 

 

 

 

2017.12.12

引地川にて

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

先日銀の散歩で引地川沿いを歩いた時のこと。

 

川に向かって竿を出しているおじさんを発見。

 

よくいるハゼ釣りの人かなと思っていたら、そばに大きなタモが。

 

タモというのは、近くまで引き寄せた魚を最後にすくいあげる網。

 

巨大な虫取り網を想像してもらえれば良いと思います。

 

僕は釣りが好きなこともあり、釣り人には結構話しかけます。

 

愛想のよくない人も多くて、残念な結果になることもままあるのですが、この時も興味が勝って話しかけました。

 

「なんか釣れますか?」

 

「・・・・・釣れるからやってるんだよ」

 

まさにハズレパターン(笑)

 

このまま去るのもちょっと間が変な感じなので、

「こんなでっかいタモ使うんですねー」

 

「・・・・・鯉が釣れるからよ」

 

「へー、鯉が釣れるんですねー、へーー」

↑この一言で立ち去る作戦で、語尾をぼやかす感じにして、ふわーっと通り過ぎようとしたら、

 

おっちゃん、慌てたように

「でっかいうなぎも釣れるんだよ」

 

暇なところに現れた話し相手を逃すまいという、いかにも慌てた感じで、これはドツボにはまるパターンだなと、逃げようとしたけども、うなぎ話の魅力にやられて話に乗りました。

 

おっちゃんに見事に釣られた形です。

 

ここから先は予想通りで、そこそこドツボにはまりました(笑)

 

友達の漁師の話だとか、釣り場の縄張り争いの話だとか、ここにいる魚種やテナガエビの話だとか、釣具屋さんで買うミミズのダメさに返金させただの、、まー話が尽きずに長い長い(笑)

 

ほとんどはどうでもいい話だったけど、メートルクラスのうなぎが釣れること、そしてそれが美味いこと、7匹の巨大魚が住みついていてそれがなんと2メートルもある⁈、という話はけっこう面白かったです。

 

という、それこそどーでもいいお話ですが、犬の話もせずにまさかこのまま終わるのではなかろうな??と思っていらっしゃる方。

 

そうです、終わるのです(笑)

 

退屈そうにそばにいる銀が不憫な昼下がりでしたとさ、チャンチャン!

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!

 

 

 

 

 

1 / 512345