ブログ

2014.10.28

問題の芽は早いうちに摘みましょう

ある飼主さんとの世間話で、スリッパをはいて歩くと、面白がってスリッパ

に噛みつく癖が治らない、という話が出ました。

 

よく聞く話ですねー。

 

その飼主さんはその問題が発生した時に、

「ダメ」と発声し、犬の顔がこちらに向き、噛みが止まったところで褒め

てやる、という対処方法をとられているそうです。

 

その飼主さんと犬のやりとりを実際に見ているわけではないですし、

たわいのない会話の中で聞いた話なので、ここから先は一般論として

書きます。

あくまでもその飼主さんのことではないので、Hさん怒っちゃダメで

すよ!

 

さて、

ある行動をやめさせようと対処し続けているにも関わらず、その行動が

止まらないということは、飼主側の”やめてほしい”という意思が犬に伝

わっていないのだと思います。

 

こういうときはあっさり方法を変えた方がいいです。

 

さっきの対処法を犬目線でみると「ダメと言われ、なんだ?と顔を

上げたら褒められたが、なんじゃろかい??」ということになるかな

・・・。

ヘタしたら、スリッパを噛んだことを褒められたと感じているかも。

 

褒めるタイミングは、“今まで噛んでいたタイミングで噛まなかった時”

です。

 

なので、

「ダメ」と発声し、動きが止まったら、足をバタバタするなどして

咬みを誘う、そこで咬まなかったら褒める。

という方法が良いと思います。

 

行動は、習慣化すればするほど治りにくくなるので、効果が無いな

と思ったらさっさと別の方法に切り換えることも大事ですよー、と

いうお話でした。

 

ミト屋中村

facebookページもお願いします

 

2014.10.19

優しさ月間スタート!

最近ちょっと銀を叱り過ぎかな〜

 

銀の問題は基本的に吠えだけ。

 

けっこうしつこく吠えるんで、よく叱ってました。

 

なるほど特別な状況以外では制止できるようになってきましたが、

なんかどうも叱り始めた時に怖がりすぎるような・・・

 

叱ろうとするとクレートに逃げ込んで、なんか可哀想。

 

信頼関係が崩れるのも嫌なんで、これから優しさ月間突入です。

 

一応断っておきますが、叱るといってもそんなひどいものでは

なく、怖がるといっても半分は面白がってる程度。

ミト屋を知っている人なら分かると思うけど。

 

でも、信頼関係を崩さないように微妙な足し引きはしておかないと!

 

以上、何の話やねん、、、という話でした。

 

ミト屋中村

facebookページもお願いします

 

2014.10.16

犬と遊んでいますか?

 

落ち着いた良い犬は、例外無く飼主さんと良い関係を結んでいますね。

 

信頼関係、なんていう言い方をしますが、それがないと犬に落ち着き

が出にくいようです。

 

ところで、

皆さんは愛犬と十分に遊んでいるでしょうか?

 

犬と一対一でじっくり遊ぶ時間、これが信頼関係を築く上で重要

な気がします。

 

遊びというと、運動量の話とごっちゃになりがちですが、そうでは

なく、信頼関係を築く為の手段として、、という話です。

 

特に多頭飼いのご家庭では、ついつい犬同士の遊びに任せてしまいがち。

 

じっくり一頭一頭と遊ぶことで、何かが変わってくるかもしれません。

 

 

人間関係においても、やはり一緒に何かをして笑いあった関係と

そうでないものとは、大きく違うように思いません??

 

一緒になにかをするということが重要なので、トレーニングでも良いですね!

 

また、犬によって興味を惹くものが違ったりしますから、それを見極め

飼主さんにお伝えするのもドッグトレーナーの重要な仕事かもしれません。

 

以上、飼主として、トレーナーとして自戒を込めて・・・

 

ミト屋中村

facebookページもお願いします

 

1 / 212