ブログ

2017.06.20

場面般化(ばめんはんか)でどこでもデキる犬に!

 

こんにちは、ミト屋中村です。

 

家ではしっかりマテできるのに、外ではうまくいかない・・・こんなお話をよく聞きます。

 

これは「場面般化(ばめんはんか)」がなされてないからです。

 

外は、家の中と違って刺激に満ちています。なので、犬の心持ちが全然変わります。

 

家の中で出来ることが外でできないのは当たり前なのです。

 

ではどうするか?

 

これはもう、急がば回れ、しかありません。

 

・まず家の中で100%出来るようにする。

・次に家の中の外が見える場所、窓際などで100%出来るようにする。

・玄関で100%出来るようにする。

・玄関でたところで・・

・庭で・・

・庭を少し出たところで・・

・人通りがあるところで・・

・人がたくさんいるところで・・

・犬通りがあるところで・・

・犬がたくさんいるところで・・

・人犬がいるところで・・

 

といった具合に少しずつステップアップしていきます。

 

犬のトレーニングをじっくりやったことがある方ならわかると思いますが、「急がば回れ」が結果的に一番早いです。

 

かといって、同じレベルをなんども続ける必要はなく、クリアできたらどんどん進んでいきます。

トレーニングにはリズムも大事で、「少しずつを急ぐ」って感じが良いです。

 

また、失敗させないことも重要です。

 

レベルを上げて失敗するようなら、そこでしつこく失敗させ続けるのではなく、あっさりレベルを戻して成功させます。何度か成功して犬が気を良くしているうちにまたレベルを上げてみる。

 

そんな感じで進めていくことで、どこでもデキる犬になっていきます。

 

刺激の高まりにあわせて、使用するトリーツ(ほうびのおやつ)の魅力を上げていくと、より効率が上がります。

 

そういう魅力的なおやつは、その魅力を保つために、ここぞという時にしか使わないようにします。

 

さて、

 

無事に場面般化された犬は、外でも指示に従える犬になります。

 

これというのは、平常心でなくても指示に従える犬になったということでしょうか?

 

 

ひょっとしたらそれは逆で、外でも平常心で居られる犬になったということなのかもしれません。

 

場面般化トレーニングにはそんな効果もあるように感じられます。

 

外で落ち着かない、飼い主そっちのけで引っ張りまくる、興奮して吠える、、、そんな場合にぜひ試してほしいトレーニングです。

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!