ブログ

2018.01.31

食べ渋り対応に良いアイデア!!

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

先日ドライフードの食べ渋りについてお客さんと話してた時にふと思いついたこと。

 

コーヒーミルを使ってみる。

 

???と思いますか?

 

食べ渋りの犬と暮らしていると、まああれやこれや色々試すことになるのですが、意外と知られていない対応としてドライフードを割って与える、というのがあります。

 

知ってるよそんなの、小さい粒のほうが食べるってことでしょ。

 

と思ったあなた、、いやいやそんな単純なことではありません。

 

ドライフードは様々な形、大きさに成形されているものですが、ハサミやペンチで割ってやると、新しい面が露出して匂いが立つのです。

 

それが食欲を刺激し、食べてくれる(くれやすい)のです。

 

トッピングで食べさせている方も多いと思いますが、その場合でも割ってやったほうがより良いです。

 

ただ、この割るという作業がけっこう大変。

 

ヒトツブヒトツブ・・・チマチマチマチマ・・・。

 

割ってもしばらくすると匂いが抜けますから、食べさせる直前に割る必要があります。

 

つまりまとめて作業することもできず一食分ずつ。

 

そこで登場するのがコーヒーミル。

 

電動の安いものを買って専用にしてしまえば良いのではないかと。

 

実はまだ自分でやったことはないのですが、上手くいくんじゃないかと思ってます。

 

うちのようなドッグホテル業では食べ渋り対策はひじょーーーーーに重要な仕事。

 

今まで何百頭という犬を預かってきましたが、本当に食べさせられなかった犬はゼロ。

 

トレーニングよりそっちのほうが得意だったりして・・(笑)

 

他にもいろんなアイデア持っているので、躾だけでなく、そんな相談も大歓迎でーす!

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!

 

 

2018.01.30

犬用リュック

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

どうですかこれ。

IMG_4363

ずいぶんとすましてますねー。

 

今年からメニューに軽登山を取り入れていく関係で銀用のリュックを購入しました。

 

この商品はRUFFWEAR社製。

 

日本ではモンベルさんが同社製品を幅広く扱っていますね。

 

犬連れトレッキングでは山頂で飲むコーヒーやスープ用の水、犬用の飲み水、お湯沸かし用のストーブ、、なんやかんやで結構荷物が重くなります。

 

このリュックで銀にも荷物運びを手伝ってもらうわけです。

 

この商品は同社の既存のハーネス製品に荷物袋を縫い付けて再製品化しているようです(間違っていたらスミマセン)。

 

ハーネスのようにリードが直接装着でき、十分な調整幅があり、しっかりしたホールド感が出せます。

 

最近は近所を散歩するときにも銀にこれを取り付けています。

 

本番を迎えるまでに装着感に慣れていてほしいからです。

 

そしてさらに重要なのがこの横幅に慣れてくれること。

 

このリュックは大容量なので、フルに荷物を入れるとかなり横幅が出ます。

 

犬は自分の体の幅感覚を正確に把握して、それに沿って行動していますから、最初は壁という壁に擦りながら歩く感じになります。

 

最近ようやくマシになってきたかな。

 

登山道はかなり幅が狭いところもありますから、リュックが木や岩にひっかかってバランスを崩して転落・・・とかも十分考えられます。

 

また、しっかりホールドできる製品でないと、片方の荷物袋だけが垂れ下がり、バランスを崩して・・・ってこともあるでしょう。

 

リュックを購入を検討されている方、以下のポイントに留意してくださいね!

 

しっかりした製品を選ぶこと。

 

本番前に十分装着して慣れさせておくこと。

 

本番ではできるだけ左右均等の重さを保つこと。

 

プチプチを詰めて、荷物袋を膨らませた状態で幅に慣れさせるとなお良しですね!

 

慣れたら実際に重さがあるものも入れて歩かせてみましょう!

 

今日はリュックのお話でした。

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!

 

2018.01.17

Hail Mary Magazineの取材をうけました〜

 

こんばんは、ミト屋中村です。

 

本日、男性誌ヘイルメリーマガジンの取材を受けました。

IMG_3928

脱サラをテーマとした2ページの記事(しかも単独で2ページ!)だそうです。

 

たまにこういう取材依頼はあるけど、どこでどうやって情報を得るんだろう??

 

などという疑問はさておき、断る理由は全然ないので、喜んでお受けしました。

 

ひとつだけ条件をつけて・・・。

 

さて、今日は朝からのんびり。

 

らんまと銀の散歩を1時間くらい、まりもとミトの散歩を1時間半くらい、それぞれ済ませ

お昼前に店に戻りました。

 

取材は14時から。

 

店内撮影に備え、ちょっと小綺麗にしよう!

 

汗かきながらゴソゴソ、ガサガサとやっているところに、いかにも都会的な男性と女性のトリオが。

 

女性「ヘイルメリーマガジンです!」

 

自分「・・・・・・」

 

そうです、、取材の開始は12時でした。14時は自分の勘違い。

 

店内はモノが散乱し、その中をまりも、らんま、ミト、銀が嬉しそうにウロウロ。

 

きょとーーーーーんとする都会トリオを前に大急ぎで片付け、犬たちを奥におさめて汗ダラダラで取材開始となったのでした。

 

取材前に小綺麗な服に着替えようかしらん〜♪、たまにはメガネでインテリ風にしよかしらん〜♪・・・などと考えていたのに、まったくいつも通りの仕事着で取材を受けたのでありました(涙)

 

ところで、

 

オファー時に、トレーニング風景を撮りたいという希望がありました。

 

それについて、室内では見栄えが悪いだろうから、以前友達に撮ってもらった海岸での写真を使ってもらおうかなーなどと考えていました。

 

取材開始時は今にも雨が降りそうな天気。

 

都会トリオ改めヘイルメリーさんから、雨が降らないうちに外でトレーニング風景を撮影してからインタビューにしましょうという提案。

 

待ってました!と以前の写真を使う提案をするのですが、やんわりと却下。

 

よく考えたら、というかちょっとだけ考えても、、立派な全国紙が他人の写真を使うわけがない。

広告記事ならまだしも。

タイヘンシツレイイタシマシタm(._.)m

 

というわけで、銀を連れてそそくさと近くの公園へ。

 

カメラマンさんは撮影場所の位置決めをするために、公園内を四方八方動きながらファインダーを覗いています。

 

こっちはこっちでインタビューっぽい質問を受けながら世間話。

 

カメラマンさんのプランが決まり、指定された場所に銀を移動させトレーニング開始。

 

撮影しながら、よりよい構図を求めてあっちこっちへと移動するのですが、銀はミスなしで何度でもサクサクこなします。

 

見栄えが良いようにリードを外して行うのですが、まったくどこへも行かず、行く気配も見せずビタッと止まっています。

 

そこへ折悪しく、他の犬が散歩で公園へ入ってきました。

 

カシャカシャやってるこっちが気になるのか、全然出て行く様子がない(笑)

 

銀は時々気にしていましたが、相変わらずミスなしで撮影をこなしました。

 

まだまだ落ち着きなさげな行動も多い銀ですが、ここぞという時の集中力はシェパードの面目躍如と言うべきか。

 

結局撮影の15分間、指示された以外の行動は一切しないという驚異の集中力なのでありました。

 

そんなこんなで店に戻り、インタビューの開始。

 

テーマは脱サラなので、会社員時代のことや独立に至る経緯、仕事は順調かとか、軌道に乗せるためにした努力とか、そんな話を20分ばかり。

 

そしてこのテーマの恒例なのか「最後に質問です」という形で、この仕事を始めて正解だったか、後悔はないか、という問いに答えて終了となりました。

 

掲載は2018年3月号(1月30日発行)。

 

普通の書店に置いてあるそうです。

セブンイレブンにも置いてある店が多いとか。

 

さて、中村は最後の問いにどう答えたのか!?

 

よかったら読んでみてくださいね!

 

そうそう、この取材を受けるにあたってつけたひとつの条件。

 

それは・・・

 

「写真撮られるの苦手だから、さりげなく撮って欲しい」というものでした。

 

どうも、苦手なんだよな〜〜〜写真(笑)

 

ミト屋中村

ミト屋の日常はfacebookでチェック!!